うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病と脳のメカニズム

 

うつ病というのはストレスなど精神的な事が原因で起こるというイメージです。

 

確かにストレスも大きな原因ですが、うつ病は脳の病気だと言われています。

 

メカニズムとしては、脳にある無数の神経細胞同士の伝達物質が何らかの原因で運動量が減ってしまうことで、うつ病の原因になると言われています。

 

ちょっとわかりにくいものですが、簡単に言えば脳のエネルギー源が減ってしまうことで元気をなくしうつ病を発症するという感じですね。

 

自分の脳の状態など意識して生活することはほとんどありませんが、うつ病を経験したことで自分の脳の中で様々な変化が起きていたのだと思うと複雑な気持ちです。

 

ただしメカニズムは同じでも、発症する症状はかなり個人差があります。

 

うつ病になりやすいと言われる人もいますが、全ての人にうつになる可能性があるそうです。

 

どのラインでうつ病になるかも個人差はありますが、私自身もうつ病は心の病気と思っていたので、脳に原因があるとはちょっと意外でした。

 

神経細胞とか伝達物質とか目に見えないものでも、色々なことが原因でバランスが崩れてしまうなんて、人って思っていた以上にモロイ生き物なんだと思う面もあります。

 

ただ誰でもなる可能性があるということは、うつ病だから特別変わっているということではないのは救われる気もします。

 

うつ病というだけで引け目を感じてしまうこともありますが、そう思わなくていいというのも多くの人に知ってほしいことです。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病と脳のメカニズム

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。