うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


吐き気や腹痛がある

 

うつ病の症状には色々なものがありますが、吐き気や腹痛があるのも特徴です。

 

うつ病と吐き気にある法則があることも確認されています。

 

これは様々なことが関係しているのですが、ストレスは体の機能にも影響を与えます。

 

血行不良もその一つですが、血行が悪くなると体の細胞も動きが鈍くなっていきます。

 

これは筋肉や内臓にも影響を与えるので、全体的に体が硬くなるイメージです。

 

内臓の働きも低下してきますし、体も冷え硬くなっていくので胃の働きも低下してしまいます。

 

これにより吐き気や腹痛といった身体的な症状が出てしまいます。

 

吐き気や腹痛がある場合は、薬で対処することもできますが、一時的な解決にしかなりません。

 

かといってすぐに体が元の状態に戻るわけではないので、吐き気や腹痛が長引くのです。

 

このため余計に気持ちが落ち込みますが、原因が分かってくれば、体を芯から温めるとか血行促進になるようなことを取り入れていけば徐々に症状も回復していきます。

 

これを理解するまでが大変ですが、一旦理解できれば体質改善も可能なので、吐き気や腹痛がある場合にも対処できるようになっていきます。

 

うつ病の治療はストレスを遠ざけることが大切です。

 

いつまでもストレスの原因を遠ざけないと、吐き気や腹痛といった症状も長引きますし、気持ちも体も疲れきってしまいます。

 

気分の良い時には軽いストレッチや、散歩なども取り入れていけば徐々に回復します。

 

焦らず自分のペースで治療することも大切です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

吐き気や腹痛がある

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。