うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


死や自殺を考える

 

うつ病の症状にも色々ありますが、死や自殺を考えるというのもあります。

 

これはうつ病のレベルにもよりますが、長引けば長引くほど症状も重くなるので早めにうつ病だということに気づくことも大切です。

 

うつ病は気分障害とも言われていますが、心の病ではなく脳の病気だということがわかってきています。

 

もちろん心という精神的な部分にも影響しますし、症状も出てきます。

 

死や自殺を考えるのは、心に問題がある時です。

 

うつ病は自分ではどうしようもないほどだるかったり、気持ちが沈む時があります。

 

実際にうつ病の治療中に、自殺をして命を落としてしまった人もいます。

 

常に死や自殺を考えるというわけではないのですが、人によっては思いつめ衝動的に自殺を図ることもあるようです。

 

個人差もありますが、うつ病は気分が落ち込む時と意外と普通でいられる時に分かれています。

 

治療中でもかなり落ち込むこともありますし、一見するとうつ病患者には見えないくらい普通でいられることもあります。

 

この差が激しいのも心と体のバランスが乱れる原因なのですが、死や自殺を考える場合は周囲の支えが何より重要です。

 

うつ病は朝調子が悪く夜になるほど元気になる傾向があるので、調子が悪い時や落ち込む時間には注意も必要です。

 

患者自身は自分ではコントロールできない状態なので、自宅で管理できない場合は入院するという選択肢もあります。

 

死や自殺を考えることがあっても、治療を進めていけば命を落とさずに済みます。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

死や自殺を考える

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。