うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


動悸や震え

 

動悸や震えもうつ病の症状の一つです。

 

ただしこういった症状が出る場合には、甲状腺機能に問題があるケースも考えられます。

 

動悸や震えという症状には色々な病気が隠れていることもあるので、自分で勝手にうつ病だと判断できません。

 

例えばパニック障害の場合は、何の前触れもなく突然動悸や震えといった症状が現れることもあります。

 

いつ発作を起こすかわからないという不安が大きなストレスとなり、パニック障害からうつ病を発症することもあると言われています。

 

パニック障害の場合は、いつどこで症状が起るかわからないので、不安に思っただけでも発作が出てしまうこともあります。

 

しかしうつ病の場合の動悸や震えといった症状が出ても特に体に問題があるわけではないので、検査をしても全く異常なしと言われます。

 

異常がないのに動悸や震えが起こるとそれだけでも不安を煽りストレスになるのでさらに症状も悪化します。

 

パニック障害とうつ病を見分ける方法として、パニック障害はいつどこで発作が起こるか予測できません。

 

うつ病の動悸や震えは、人に会う時や、何かに対して強い恐怖やストレスを感じた時に起こります。

 

うつ病の動悸や震えの方が、ある程度原因がわかっているので、その原因を作らないように、近づかないようにすることで予防は可能です。

 

このためにもうつ病の治療には完全休養が必要なんです。

 

仕事をしながら、学校に通いながらというように、ストレスの原因と隣り合わせでは治療もままならないので完全休養が必要です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

動悸や震え

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。