うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


睡眠不足・昼夜逆転

 

うつ病の症状にも色々ありますが、睡眠不足や昼夜逆転も大きな特徴の一つです。

 

多少個人差もあると思いますが、うつ病は朝具合が悪く、時間が経過することで少しずつ楽になっていくという特徴があります。

 

最初は朝起きるのが辛いと感じるので、疲れていると思い込みます。

 

でもそのうち夜すぐに眠れないことが増え、朝まで一睡もできないという日も出てきます。

 

こうなると常に寝不足の状態なので、日中に猛烈な眠気に襲われます。

 

家にいられるなら昼寝をすれば多少寝不足も解消できますが、仕事や学校があるとそういうわけにもいきません。

 

うつ病のイメージに引きこもりというのがあるのは、夜眠れず睡眠不足が続くので昼夜逆転してしまい具合が悪い朝は遅くまで寝ていたい、その代わり夜になるほど元気になるというこういった理由があるからです。

 

寝付きも悪いので朝起きられなくなるので、仕事をしているとすごく困ってしまいます。

 

寝不足は判断力をも鈍らせていくので、夜中起きていて朝になると眠るという夜勤の仕事でもないこの状態もおかしいと思いつつ、体が言うことを聞かないので精神状態にも影響してしまいます。

 

私がうつ病の治療に専念すべく仕事を休み始めたとき最初は何も考えずに気の向くままに過ごしていたので、一時期昼夜逆転していた時期があります。

 

でもこれは脳にも良くないので、できるだけ夜は眠り朝起きることを心がけていきましょう。

 

睡眠は脳の休息にも欠かせないので、早めに気づかないと症状も悪化してしまいます。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

睡眠不足・昼夜逆転

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。