うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


食欲不振・食欲増加

 

うつ病は味覚にまで影響します。

 

個人差もありますが、それまで大好きで毎日でも食べたいと思っていたものも、味がしないとか全く美味しく感じなくなってきます。

 

でも食べないと体力が持たないので、無理に口に運ぶとか飲み物で流し込むのですが、そのうち食べるという行為そのものが苦痛以外の何者でもなくなってしまいます。

 

このため見る見るうちに体重も減って痩せてきます。

 

健康的なダイエットで痩せてキレイになるというのとは違い、やつれていくといった感じです。

 

これを拒食症と勘違いすることもありますが、うつ病の食欲低下はこれとは性質が違います。

 

人によっては過食になってしまうこともあるようです。

 

これも単なる食いしん坊というレベルではなく、ケーキをワンホールぺろりと平らげてしまうようなものすごい勢いで食べると言います。

 

よく疲れた時には脳が糖分を必要としているので、甘いものが食べたくなると言われています。

 

うつ病の過食はこれも関係していると言われています。

 

イライラした時に甘いものが欲しくなり、甘いものを口にすると少し落ち着くような気がするのも脳が欲しているからなんだそうです。

 

過度のストレスを感じた時に起こりやすい現象とも言われていますが、うつ病の原因にもストレスは関係しているので、食欲に変化や異常があった場合にはうつ病の可能性もあるかもしれません。

 

でも食べなくても、食べてもうつ病は治らないので、食事の量を変えただけでは治療になりません。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

食欲不振・食欲増加

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。