うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


ガムを噛めばうつ病を改善できますか?

 

うつ病の治療の中にはユニークな方法を取り入れることもあります。

 

その一つとしてガムを噛むというのがあります。

 

ガムを噛むことは物忘れ防止にも効果があると言われている方法ですが、ガムを噛むなら誰でも出来ますし、今日からでも実践できます。

 

なぜガムを噛むことがうつ病にいいのかですが、噛むという行為は脳のセロトニンの分泌を促進させる効果があります。

 

うつ病の原因はストレスなどで脳の神経伝達物質のセロトニンやノルアドレナリンの分泌が不足することで、不安や気持ちの落ち込みが強くなる状態です。

 

セロトニンには不安を和らげ安心させる作用があるので、これが不足すると不安が強くなり緊張しやすくなってしまいます。

 

うつ病の症状の罪悪感や自己嫌悪はこのセロトニンの分泌も大きく関係しています。

 

しかしガムを噛むというとても手軽で簡単な方法で、これを改善できるならとても便利です。

 

食事でもよく噛むことを意識するのはいいことですが、ガムの場合は無くならないのである程度の時間噛み続けることができます。

 

この続けることも重要です。

 

ただし1日中ガムを噛み続けるのは顎も疲れますので、適度にしましょう。

 

1回にガムを噛み続ける時間も大体20分〜30分くらいがいいとされています。

 

ただし無理をせず顎が疲れたら止めましょう。

 

一定のリズムでテンポよく噛むことで、セロトニンの分泌を促進出来るかもしれません。

 

ガムの種類や味も自分好みのものを選べば、ガムを噛むのも楽しくなりますね。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

ガムを噛めばうつ病を改善できますか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。