うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病と道路交通法改正について

 

自分がうつ病になるまで知らなかったこともいくつかありますが、うつ病と道路交通法改正の関係もその一つでした。

 

うつ病は気分障害とも言われるように、気分の良い時と最悪の時がコロコロ代わり、自分でもわけがわからなくなることがあります。

 

怒ったと思ったら次は笑ってみたり、かと思うと突然泣きたくなってきます。

 

激しすぎる喜怒哀楽に自分でもついていけず、ぐったりすることもあります。

 

当然こんな状態では車の運転なんて出来ません。

 

道路交通法もうつ病に関する項目があるのです。

 

「道路交通法施行令第33条の2の3」には、免許の拒否又は保留の事由となる病気というのがりますが、ここにうつ病も含まれています。

 

私も免許を持っていましたし車の運転は好きな方でしたが、さすがにうつ病と診断されてからは自分でも車に乗るのが怖くなったので運転は自粛していました。

 

もしもうつ病が原因で事故などを起こした場合は、1年以下の懲役または30万円以下の罰金となっています。

 

ちなみに医者も診断結果でうつ病と診断した場合は、これを公安委員会に届出しても守秘義務違反には当たらないそうです。

 

自分では大丈夫と思っていても、突然気分が変わったりするととてもじゃないけど運転できるような状態ではなくなることもあるので、うつ病の場合は車を運転しないことも大切です。

 

治療中に飲む抗うつ剤なども車の運転をしないよう注意されるので、しっかりと守っておくほうが安心です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病と道路交通法改正について

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。