うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


カフェインを摂取するとうつ病にかかるリスクが減るのは本当ですか?

 

カフェインを摂取するとうつ病にかかるリスクが減ると言われていますが、カフェインを摂取する量に注意が必要です。

 

カフェインを含むのはコーヒーや紅茶、緑茶などですが、寝る前に飲むと眠れなくなることがあります。

 

これはカフェインに興奮作用があるので、寝る前に摂取すると脳が興奮した状態になるためです。

 

うつ病になるは脳の神経伝達物質のセロトニンやノルアドレナリンの分泌が減ってしまうからなのですが、ここにカフェインを摂取するとうつ病の症状を悪化させるので注意しましょう。

 

しかしカフェインも摂り方を工夫することで、うつ病のリスクを下げることができると言われています。

 

カフェインが多いコーヒーや紅茶、緑茶は朝飲むようにするといいでしょう。

 

カフェインを摂取することで目が覚めますし、朝のだるさもスッキリします。

 

意外なことにコーヒー豆の香りには、リラックス作用もあるので気持ちを落ち着かせることもできます。

 

コーヒーはカフェインも多くうつ病には不向きとされていますが、適度に取り入れることでうつ病のリスクを軽減することが可能です。

 

その代わり夜になったらカフェインを含まない飲み物を取り入れましょう。

 

どうしてもコーヒーを飲みたい場合は、ノンカフェインのものがおすすめです。

 

あとは気持ちを落ち着かせる作用のあるハーブティーなどを取り入れることで安眠効果も得ることができるので、夜もぐっすり眠れるようになります。

 

また、ホットミルクなど寝る間に気持ちをリラックスさせるものを取り入れるといいでしょう。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

カフェインを摂取するとうつ病にかかるリスクが減るのは本当ですか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。