うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


ワインを飲むとうつ病にかかるリスクが減るのは本当ですか?

 

うつ病の治療には薬物療法や精神療法以外にも、食事や生活習慣の見直しも重要だと言われています。

 

うつ病の原因が脳の神経伝達物質が関係していることからも、食事で不足する物質をサポートする成分を補うのは実際に効果も確認されています。

 

またある実験ではアルコールも適度に取り入れることで、うつ病のリスクを軽減させる作用があることが確認されています。

 

アルコールは飲みすぎれば毒になりますが、酒は百薬の長とも言われるように、適量ならば病気の予防や健康維持にもつながるのです。

 

この場合はワインが最もいいとされています。

 

いくつかのアルコールを比較して見たところ、ワインが一番うつ病予防に効果があることが確認されています。

 

目安としては1日にワイングラス1杯のワインです。

 

アルコールには血行を促進させたり、ほろ酔い程度なら気分も良くなります。

 

この時リラックスした状態になるので、脳にもいいと言われています。

 

ただし飲みすぎてしまえば様々な問題も出てきますので、あくまでも適量を見極めることが大切です。

 

もちろんワインだけに頼るのではなく、栄養バランスを考えた食事も大切です。

 

ワインだけを飲むというよりは、食事をしながらワインも飲むというようにバランスも考えたいですね。

 

ただしワインを飲めばうつ病にならないということではなく、ワインを飲む人と飲まない人ではうつ病のリスクが変わってくるということです。

 

うつ病の人は薬を飲んでいることもあるので、ワインを飲む場合は医師に相談しましょう。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

ワインを飲むとうつ病にかかるリスクが減るのは本当ですか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。