うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


中学生や高校生でもうつ病になりますか?

 

うつ病は大人だけがなる病気ではありません。

 

子供のうつ病もあれば高齢者のうつ病もあります。

 

中学生や高校生というのは多感な時期でもありますが、この時期にはストレスとなることも増えていくので中学生や高校生のうつ病も決して少なくありません。

 

原因に関しても色々ですが、対人関係や受験勉強などストレスになることも多い時期です。

 

また深刻な問題としていじめも中学生や高校生のうつ病に無関係とは言えません。

 

いじめという大きなストレスが、うつ病の原因になることも多々あります。

 

この場合は家族が何らかのサインに気づくことも大切です。

 

いじめの場合はなかなか親にそれを相談できないことも多いので、一人で抱え込んでしまう子供が多くなります。

 

学校にいても授業中に保険室にいることが多くなったり、一人で行動することも増えてきます。

 

いじめが原因ではなくても、人との付き合いを遠ざけるようになる傾向があるので、今までのように友達と遊ばなくなったとか、家でも会話が少なくなったなど何らかのサインがあるはずです。

 

さらには学校に行くのが辛くなってくるので、朝寝坊が増えたり、学校に行きたがらなくなるなど行動も目立つようになってきます。

 

子供のうつ病も早い段階で治療を始めれば十分克服することはできます。

 

治療に専念するために学校を休学する場合もありますが、学校に原因がある場合は原因から遠ざけることも治療では大切なことなので医師や教師と話し合い決めていきましょう。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

中学生や高校生でもうつ病になりますか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。