うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病になったら住民税はどうなりますか?

 

うつ病は治療をすれば時間はかかっても克服できるのですが、その時間は個人差もあるのでいつというはっきりとした目安はありません。

 

治療をする場合は仕事や学校を休み、治療に専念することが一番だと言われています。

 

学校はまだしも仕事の場合は、収入が途絶えてしまうので生活の不安なども加わります。

 

この場合は健康保険組合に加入していれば、休職中でも1年6ヶ月の間、給料の3分の2の金額を傷病手当金として受給することができます。

 

しかし生活の場はそのままであることが多いので、税金なども気になってきます。

 

住民税の場合は仕事の継続が困難で収入が途絶えた場合や、治療費の負担が大きい時には自立支援医療という制度を利用することができます。

 

ただし条件があるので、うつ病患者全てが利用できるものではありません。

 

目安としては住民税を23万5千円以上払っている人が対象外です。

 

自立支援医療の制度はうつ病治療も含まれていますが、所得に制限があるので注意しましょう。

 

うつ病は治療に時間がかかりますし、治療費なども治療方法によって大きく変わってきます。

 

治療費を払えないという理由で治療を断念してしまう人も多いのですが、うつ病患者など治療に長い時間がかかる人を支援する制度もあるのでそういう制度は大いに活用しましょう。

 

国の支援もありますが、各市町村の自治体でも支援を行っているところがあるので、窓口に問い合わせれば教えてもらえると思います。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病になったら住民税はどうなりますか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。