うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


ミュンヒハウゼン症候群の人はうつ病になりやすいですか?

 

ミュンヒハウゼン症候群というのは、人から心配されたいとか注目されたいという思いが強すぎて、自らを傷つけ怪我をしたように装ったり、具合も悪くないのに具合が悪いと嘘をついてしまうような症状があります。

 

自傷行為は自分だけでなく、母親がわざと子供に何かを飲ませて体調を崩させ、それを必死で看病し良い母親だと見せようとすることもあります。

 

原因にも色々ありますが、幅広く言ってしまえば虚言癖のある人、嘘つきな人となってしまいます。

 

本当に具合が悪い時もありますが、具合が悪いふりの場合は人が見ている時はぐったりとしているのに、一人になるとテレビを観てゲラゲラと笑ったり普通にしていることも多いと言われています。

 

ミュンヒハウゼン症候群とうつ病の関係については色々な説がありますが、ミュンヒハウゼン症候群からうつ病になるとか、うつ病からミュンヒハウゼン症候群になるというのはあまり例がないようです。

 

あるとすれば具合が悪いふりを続けることで、生活習慣にも影響が出てしまい、朝起きられなくなる、体がだるいといったうつ病のような症状が出るので、自分はうつ病なのだと思い込んでしまうことです。

 

うつ病も病気ですから、周囲の人から心配してもらえるのでミュンヒハウゼン症候群の人がうつ病のふりやそう思い込むことで本当に体調がすぐれないこともあるようです。

 

ミュンヒハウゼン症候群の人がうつ病になりやすいのではなく、そう思いたいと言ったほうがいいかもしれません。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

ミュンヒハウゼン症候群の人はうつ病になりやすいですか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。