うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病で休職中の給与はどうなりますか?

 

うつ病で休職中の給与については、生活に直接関わってくることなのでとても不安です。

 

しかしうつ病は治療に専念することも大切なので、仕事を続けながら治療もというのは難しいことが多くなります。

 

会社の制度が整っており、ある程度休職中も補償がある場合はいいのですが、休職を認めてもらえても給料までは払えないというところがほとんどでしょう。

 

こういう場合は、傷病手当金を利用すれば収入が途絶えても安心できます。

 

傷病手当金を受給するには、健康保険組合に加入していることが条件となりますが、正社員であれば入社の時に加入しているはずなので大丈夫でしょう。

 

念のため確認しておきましょう。

 

傷病手当金は仕事を休んでいる間も、1年6ヶ月の間給料の3分の2ほどの手当をもらうことができます。

 

これはうつ病が原因で仕事を休むことになった場合も適用されるので、うつ病の人も安心できますね。

 

期間は1年6ヶ月と決まっていますが、傷病手当金を受給しながら治療を続け、それを貰い切った後は就職活動ができるまで回復していれば、失業保険の申請も可能になります。

 

必ず1年6ヶ月で治るという保証はありませんが、前向きに治療を続けられる環境を整えることはできます。

 

うつ病は治療に専念できる環境作りも重要になってくるので、この間だけでも治療に専念できるのはとてもありがたい制度です。

 

意外と知らずにいる人も多いので、傷病手当金のことを調べておくのもいいでしょう。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病で休職中の給与はどうなりますか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。