うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病で損害賠償請求は出来ますか?

 

うつ病になった原因が特定の人にある場合、損害賠償請求を考えることもあります。

 

損害賠償請求をすることはできても、それを裁判所が認めるだけの証拠を揃える必要があります。

 

明らかに特定の人の言動が原因でうつ病になった場合でも、それを他の人に証明できる証拠がないと裁判には持ち込めないというのが一般的です。

 

しかし誰もが誰かのせいでうつ病になるとは考えても見ないので、普段から会話を録音したり、証拠になるようなものを保管しておこうとは思いません。

 

こういう場合は意外なものが証拠になるケースもあるので、素人では判断できません。

 

一応弁護士に相談してみるのが一番いいと思います。

 

普段から人を疑うのもあまり気持ちのいいものではありませんが、余りにもストレスになることや苦痛に感じているのにそれを解決できない場合は、証拠になりそうなものを保管しておくという手段もあります。

 

しかしうつ病になるのは誰にも予想できませんし、損害賠償請求をするにも費用もかかりますしそれなりの労力も必要です。

 

うつ病の治療をしながらそれを進めることが可能なのかも考えなければいけません。

 

色々なシチュエーションがあるので、まずは弁護士に相談するのが一番だと思います。

 

弁護士に相談するにも費用がかかることもありますが、中には無料相談を行っているところもあるのでそういうものを利用してもいいでしょう。

 

概要しかわからなくても損害賠償請求が可能かどうかの確認にはなると思います。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病で損害賠償請求は出来ますか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。