うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病でも生命保険や医療保険に加入出来るでしょうか?

 

それまで生活のことや今後の人生のことを全く考えていなかった人も、うつ病になったことで自分自身や家族、身内が将来を不安に感じることもあります。

 

こういう時に保険に入っていればある程度は安心ですが、全く保険に入っていなかった場合、うつ病でも入れる保険はあるのでしょうか?

 

結論から言うとうつ病でも入れる保険はいくつかあります。

 

ただし条件もあるので、無条件ではありません。

 

一般的な医療保険への加入は難しい部分もありますが、30歳以上でやや毎月の保険料が高めの保険や、40歳以上の人ならうつ病でも加入できる保険はいくつかあります。

 

年齢制限があるので若い人は無理ですが、年齢を満たしていて告知項目もクリアしていれば、うつ病でも保険に入ることはできます。

 

ただし告知項目の中にうつ病があった場合は、条件のいい保険でも加入できません。

 

うつ病でも入れる保険は、緩和型医療保険であることが多いです。

 

一般的には緩和型医療保険の告知項目の中にうつ病は含まれていないので大丈夫だと思います。

 

ただし他の保険のプランと比べると条件が甘い分、月々支払う保険料は若干高めに設定されていますので、保険料を払い続けることが出来るかも検討しておく必要があります。

 

保険に加入できても保険料の支払いができなければ、保険を解約せざるを得ないことになるので確認しておきましょう。

 

今は緩和型医療保険も種類が増えているので、保険の比較をしてみるのもおすすめです。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病でも生命保険や医療保険に加入出来るでしょうか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。