うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病でも失業保険をもらうことは出来ますか?

 

うつ病の治療は時間がかかるため、他の病気と違い仕事を続けながら治療をすることが難しくなることもあります。

 

さらにうつ病の原因となるストレスが仕事にある場合は、いつまでもストレスから離れられないので治療をしても思うように効果が出ないこともあります。

 

うつ病の治療をする場合、理想としては一旦仕事や学校を休み治療に専念できる環境を作ることです。

 

しかし会社によってはうつ病の治療で長期間休職するのを認めてもらえないことも多いので、この場合は退職を余儀なくされてしまいます。

 

仕事を辞めても失業保険を利用できると考える人もいますが、失業保険は仕事を辞めた後に就職活動をすることが前提条件となっているので、治療の間就職活動ができないうつ病にはこれが適用されません。

 

つまりうつ病で仕事を辞めた場合は、失業保険の対象者ではないのです。

 

この場合は仕事を辞めてしまうと収入が途絶えてしまうので、生活自体も苦しくなり治療費を賄うことができなくなってしまいます。

 

こういう場合には障害年金の申請をするという方法もあるので、諦めずに治療を続けるためにも調べることも必要です。

 

ただし自分では調べることができない状態の場合は、家族や周囲の人に頼んで調べてもらいましょう。

 

何らかの方法があるのにそれを知らずに治療を断念してしまうのはとても残念なことです。

 

時間はかかっても治療を続ければうつ病を克服できるので、いずれまた社会復帰することもできます。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病でも失業保険をもらうことは出来ますか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。