うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病でも生活保護を受けることは出来ますか?

 

うつ病の治療で仕事を続けるのが困難な場合は、休職や退職をすることもあります。

 

会社の制度によっても変わりますが、その間収入が途絶えてしまうと生活にも支障が出ます。

 

ある程度経済的に余裕があり蓄えもある人なら、それほど心配もなくゆっくり休養して治療に専念できます。

 

しかし世の中そんなに恵まれた人だけではないので、生活そのものが困難になってしまうこともあります。

 

こういう時、生活保護を受けることもできます。

 

ただしうつ病で生活するのが困難であると証明する必要があります。

 

医師の診断書、うつ病のために仕事を続けるのが困難であるという証明が必要です。

 

また家族や身内の援助を受けることができる人は、生活保護の対象者ではないので申請しても受給出来る保証はありません。

 

全く支援してくれる人がいない、あてもないという場合にのみ生活保護を受けることができます。

 

また生活保護には条件もあって、土地や自動車などを持っている場合はそれを売却するなど、ケースによっては細かく条件も設定されているので安易に申請するものではありません。

 

どこにも全くあてがなく、誰も支えてくれる人もいないという場合にのみ、生活保護の対象となります。

 

中には受給条件を満たしていても、生活保護を受給するのが恥ずかしいという思いから途中で治療を断念してしまうこともあります。

 

これでは治る見込みもなくなってしまうので、治療を優先することを考えてみましょう。

 

うつ病は時間がかかっても治療を続ければ克服できます。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病でも生活保護を受けることは出来ますか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。