うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病でも障害年金をもらうことは出来ますか?

 

うつ病の治療には長い時間がかかりますが、個人差も大きいので人によっては何年もかかることもありますし、一旦克服したのに再発することもあります。

 

再発する場合は再発する度に症状も悪化していくと言われているので、治療も重要になってきます。

 

うつ病の治療には健康保険が適用されるものもありますが、民間療法を取り入れる場合には保険適用外のことも多いので治療費がかさんでしまいます。

 

こういう時には障害年金をもらうことも考えてみましょう。

 

ただし、うつ病なら誰でも障害年金をもらえるというものではありません。

 

うつ病にも種類があるので中には軽い症状の人もいますし、思い込みでうつ病患者のように振る舞う人もいます。

 

悪い言い方をすれば年金の不正受給もできてしまうので、それを防止するための条件があります。

 

障害年金には等級があり、どの等級に当てはまるかによって受給される額も変わってきます。

 

また配偶者や子供の有無によっても支給金額は変わってきます。

 

うつ病と診断されてすぐに申請をしても、条件の中に保険料の納付条件もあるのでしっかりと支払いをしていることも大切です。

 

保険に加入していないと申請もできませんので、条件は事前に確認しておきましょう。

 

うつ病の場合は症状によっては、仕事を休職せざるを得ない場合もあります。

 

働きたくてもうつ病で働けない場合は、障害年金の制度を利用できるので、利用条件を満たしていれば治療費の負担を軽くすることができます。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病でも障害年金をもらうことは出来ますか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。