うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病でも妊娠・出産は出来ますか?

 

うつ病の場合は体や気持ちなど様々なところに影響が出ますが、妊娠をすること自体は可能ですしその気になれば出産も不可能ではありません。

 

ただし自分自身がうつ病なのに、妊娠中の不安や体の変化、さらにはマタニティブルーや出産、子育てと様々な試練を乗り越えていかなくてはいけません。

 

特に問題のない健康な人でも妊娠や出産に対しては不安を持ちますし、「無事に元気な赤ちゃんが生まれてくれるだろうか?」という不安を持ちます。

 

マタニティブルーの場合は無事に出産をし子育てが始まればそんな心配も吹き飛んでしまいます。

 

しかしうつ病の場合は自分自身のことも満足に出来ないことが多いので、ここに妊娠によるホルモンバランスの変化や心と体の変化、妊娠中の不安などが加わることで妊娠中にうつ病になってしまったり症状が悪化していくこともあります。

 

また子供を一人育てていくというのは、経済的にも負担が大きくなります。

 

うつ病で満足に仕事もできない人の場合は、子供を産んでもそこから子供を普通に育てていけるかどうかといった不安や思いが残ると思います。

 

もしもうつ病で出産した場合は、家族にはかなりの負担となります。

 

まず妻がうつ病の場合、ミルク、掃除、洗濯、食事の支度や買い物など全て夫ができればいいのですが、外で働いている以上家のことばかりに時間を使うわけにも行きません。

 

これでは夫の方も参ってしまいます。

 

家族の支えがあればまだいいのですが、かなりの負担となるのでうつ病を克服してから出産を考えるのも一つの選択肢です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病でも妊娠・出産は出来ますか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。