うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病と頻脈は関係がありますか?

 

うつ病と頻脈については多少関係があると言われています。

 

うつ病は脳の神経伝達物質の分泌が減ることで、不安や緊張、気力の低下で無気力になるといった症状が出ます。

 

これを改善するには、薬物療法で脳の神経伝達物質の分泌を促すことが大切になります。

 

うつ病の治療薬には不足するセロトニンやノルアドレナリンといった物質だけに働きかけ、分泌を促進させる作用のものが多くなります。

 

特にノルアドレナリンはやる気を出させ、興奮状態まではいかないものの気力をアップさせる作用があるので、うつ病の症状を改善するには効果的なのですが、その副作用として頻脈といった症状が出ることもあります。

 

薬を取り入れる場合はその人の症状によって、薬の種類も違ってくるので作用の仕方も薬によって違うように副作用も変わってきます。

 

ある人にはとても効果的な薬でも、別の人には頻脈などの副作用が強く出てしまうこともあります。

 

こういう場合は我慢したり、しばらく様子を見てからと思わずに、すぐ医師に相談しましょう。

 

うつ病で頻脈がある場合は薬の副作用であることが多いのですが、効き目が高いのに副作用が出にくい薬なども開発されているので様子を見ながら薬を変えることができます。

 

薬を飲むたびに頻脈になるからといって、勝手に薬の服用を中止してしまうと効果も半減してしまいますし、良くなりかけていたものも悪化させる原因につながります。

 

自己判断で薬をやめたりせず、必ず医師に相談しましょう。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病と頻脈は関係がありますか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。