うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病と認知症の違いは何ですか?

 

うつ病になるのは年齢は関係ありません。

 

人によっては高齢者になってからうつ病になることもあります。

 

気力や行動力の低下、不眠や食欲低下など高齢者にはありがちな症状なので気づかないこともありますが、検査をしても特に問題や体のどこにも異常が見られない場合はうつ病と診断されることもあります。

 

認知症は初期にうつ病の症状とよく似た症状が出ることもあるので、この2つを間違いやすいのも特徴です。

 

どちらも似ていて共通しているところも多いのですが、一番の違いは記憶力です。

 

うつ病の場合は、気力や集中力の低下は見られても、記憶はしっかりしています。

 

認知症というのは単なる物忘れではなく、徐々に記憶がなくなって行くのですが、高齢者になると物忘れなのか認知症なのか、うつ病の症状なのかの区別がとても難しくなります。

 

認知症の場合は少しずつ自分や家族が誰なのかもわからなくなっていきますが、うつ病と同じように無理強いしたり強制することが症状を悪化させることもあります。

 

高齢者の場合はうつ病の治療も若い人に比べると大変な部分も多いので、家族や周囲の人の理解と協力は欠かせません。

 

どの症状がどの病気というように、はっきりと区別できないことが多いので、何かおかしいと感じたら病院に行って検査をするのが一番です。

 

うつ病は時間がかかっても克服することは可能ですが、認知症は完治できない進行形の病気なので医師に相談して接し方なども確認していくのがいいでしょう。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病と認知症の違いは何ですか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。