うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病と自己愛性人格障害の違いは何ですか?

 

うつ病が脳に原因があるものに対し、自己愛性人格障害は幼児期の体験や育った環境などが原因になると言われていますが、はっきりと解明されていない部分も多いようです。

 

うつ病はもともと普通に生活をしていた人が、過度のストレスなどが原因となり、無気力、倦怠感、行動力の低下、食欲低下、不眠症などが1日中続き、それが長く続きます。

 

治療も可能ですが、かなりの時間がかかります。

 

自己愛性人格障害の場合は、周囲の人と共感できないという特徴があるので、全く馴染めずトラブルを起こすこともあります。

 

自分中心に考えるので、人のことを考えることができません。

 

普通のことを普通と思えないので、人間関係を上手く築くことができないのです。

 

うつ病の場合も人を遠ざけ、人に会いたくないと思うようになりますが、時間をかけ克服すれば以前のように人付き合いも普通にできるようになります。

 

しかし自己愛性人格障害は人との付き合いそのものがうまくできないのです。

 

多くの場合自分は特別な人間であり、特別扱いされて当然と思ってしまうのです。

 

ものすごくプライドが高いので、見下されたりすると取り乱すこともあります。

 

自己愛性人格障害はうつ病のように治療法が確立されていないので、症状や性格などを見ながら薬物療法や精神療法など様々なものを組み合わせるといった形になっています。

 

また治療の際は家族との関わり方も関係してくるので、家族も一緒に治療をすることもあります。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病と自己愛性人格障害の違いは何ですか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。