うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病と境界性人格障害の違いは何ですか?

 

境界性人格障害の症状に一時的にうつ病とよく似た症状が出ることがあります。

 

しかしこれは一時的なものなので、本当のうつ病のように長引くことはありません。

 

境界性人格障害の原因は親子間の依存が強いことが原因になると考えられています。

 

親の方が子供に対しての依存心が強く、子離れできない親に育てられてしまうと境界性人格障害を引き起こすと言われています。

 

子供に依存する気持ちが強いので、子供の自立を妨げることが境界性人格障害の原因です。

 

うつ病は過度のストレスなどで脳の神経伝達物質の分泌が減少することで、感情をコントロールできなくなる状態なので病気として見た場合は全く違うものになります。

 

うつ病の症状が、無気力、食欲低下、不眠症なのに対して、境界性人格障害は自傷行為や暴力的になる、引きこもる、空想や妄想の世界に入り込むなどです。

 

親が子供に依存してしまうため、子供が体験するはずのことを満足にさせていないことが多いので、自分というものを持てなくなるのも境界性人格障害の特徴です。

 

親以外の人に認めてもらえない恐怖から、他人に依存してしまったり、拒絶されることを恐れ人との関わりを断ち引きこもりになることもあります。

 

境界性人格障害の場合はうつ病とは違い、薬で治療をするということができません。

 

一時的にうつ病のような症状が出ることもありますが、一時的なものなので薬も効果がないのです。

 

境界性人格障害を治療するのは専門のカウンセラーに頼るというのが一般的です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病と境界性人格障害の違いは何ですか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。