うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病とパニック障害の違いは何ですか?

 

うつ病とパニック障害の違いについてみていきましょう。

 

うつ病の場合は過度のストレスなどが原因となり、気力の低下、続く不安や緊張、食欲低下、不眠症などの症状が出てそれが1日中続きます。

 

期間も個人差はありますが、かなり長い間この症状に苦しみます。

 

しかし治療をすれば時間はかかっても必ず克服できます。

 

パニック障害に関しては原因がはっきりと解明されていません。

 

病名からもわかるようにパニックの発作を起こしますが、発作は突然やってきます。

 

いつ起こるかわからないという恐怖と、発作を起こす度に「自分はこのまま死んでしまうのではないか?」と考えてしまい自分自身をコントロールできなくなります。

 

発作は動機、過呼吸、嘔吐、震え、気を失うなど様々ですが、いつ起こるかわからないことがさらにその人を追い詰めてしまいます。

 

人によっては1日に何度も発作を起こすこともあり、日常生活にも支障が出てしまうケースもあります。

 

人ごみやエレベーター、電車などで発作を起こしたら恥ずかしいとい気持ちや怖いという気持ちから外出できなくなることもあります。

 

治療に関してはうつ病同様に薬物療法で気持ちを落ち着かせることも大切ですが、恐怖や不安を感じないように気持ちをコントロールするトレーニングなども行います。

 

どちらも克服することは可能ですが、克服までには長い時間がかかります。

 

病気を受け入れて治療も無理をせずゆっくりと取り組んでいくことが大切です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病とパニック障害の違いは何ですか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。