うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病と適応障害の違いは何ですか?

 

うつ病と適応障害は似ているところがあるので、間違えられることがあります。

 

しかし実際には違う病気です。

 

ですが、ストレスが原因となるところは共通していると言っていいかもしれません。

 

適応障害はストレスになることがあった時、それが原因でやるべきことに適応できなくなるものです。

 

適応できなくなるというより、適応しようとしなくなるという部分もあるので原因がはっきりしています。

 

そのためストレスから離れ薬なども取り入れることで、約半年ほどで回復に向かいます。

 

うつ病の場合はストレスが原因とわかっていても、明確ではなく仕事や対人関係というように漠然としています。

 

うつ病と適応障害の大きな違いは、治療にかかる時間です。

 

うつ病の場合は治療にかなりの時間がかかるので簡単には完治できませんが、時間をかければ克服できます。

 

完治までの時間は違いますが、どちらも克服出来る病気です。

 

接し方に対しては、どちらも周囲の人や家族の理解と協力が必要です。

 

何かができないという場合には、無理にやらせようとせず少しずつ時間をかけることが大切です。

 

一度失敗したことでやる気を失い、人前に出たくないとか学校に行きたくないと思った場合、うつ病を疑うこともあります。

 

しかしうつ病であれば診断基準があるのである程度は医師が判断できますが、それ以外の場合は適応障害と診断されることも多いようです。

 

適応障害になりやすい人という点で見ると、ストレスに上手く対応できない人にその傾向があります。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病と適応障害の違いは何ですか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。