うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病と自律神経失調症の違いは何ですか?

 

うつ病と自律神経失調症はよく似ているので間違われることがあります。

 

似ている症状としては、不眠症、倦怠感、食欲不振などです。

 

うつ病の原因は過度のストレスなどで、脳の神経伝達物質の分泌が減ることで様々な弊害が出ることです。

 

自律神経失調症の原因は人が生まれ持った性格にあると言われています。

 

ストレスを上手く解消できないとか、些細なことでもくよくよと考えてしまう場合になりやすいと言われています。

 

自律神経失調症では、うつ病によく似た症状があっても精神的にはダメージを受けていないので体の症状という特徴があります。

 

しかし長い間自律神経失調症に気づかず放置していると、次第にやる気を失い自分自身を精神的に追い詰めてしまうので、うつ病を発症することがあります。

 

治療についても症状が似ている部分も多いので、薬物療法や精神療法を取り入れていきます。

 

自律神経失調症の場合は、心理療法も効果があると言われているので人によっては心理療法をメインにすることもあります。

 

ただし自律神経失調症にもいくつかのタイプがあるので、タイプによっては治療法も異なります。

 

生活習慣も大きく関係してくるので、治療を進めながら生活習慣を見直すというのもうつ病の治療と共通しています。

 

また食事や食生活も自律神経失調症の改善に役立つので、食事のとり方や栄養バランスなども考えて行くのがいいと言われています。

 

最初から何もかもは無理なので、できることから始めて行きましょう。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病と自律神経失調症の違いは何ですか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。