うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病と統合失調症の違いは何ですか?

 

うつ病と統合失調症はよく似ている部分があるので、間違えられることがあります。

 

うつ病は過度のストレスなど原因がある程度わかっているのに対し、統合失調症の原因ははっきりと解明されていません。

 

原因がはっきりとわからないので、治療法も確立されていないのが難しいところです。

 

しかしうつ病と統合失調症を比較するとその違いはある程度はっきりしてくるので、見分けることができます。

 

チェック方法や症状についてですが、うつ病は不安や緊張が多く余裕というものがありません。

 

無気力になるのもうつ病の症状ですが、総合失調症の場合は対処できないことに直面するとパニック発作を起こす以外は普通に過ごせます。

 

ただし普段からやや控えめというかあまりやる気にみなぎっているというタイプの人は少ないようです。

 

うつ病の場合は不安や緊張、無気力といった症状は薬物療法である程度改善できますし、時間はかかりますが根気よく治療を続ければ必ず克服できます。

 

しかし総合失調症の場合は薬を飲めば一時的な効果があるものの、完治するのは難しいとされています。

 

うつ病と統合失調症は一見似ているように思われていますが、こうして見てみると普段の状態にも違いはあります。

 

総合失調症は頼まれたことを断れない人がなりやすいと言われています。

 

接し方に関してはうつ病と同じように、家族や周囲の人が理解し見守ることも大切です。

 

どちらかの症状があってもわからない場合は、病院に行って診察をしてもらえばすぐにはっきりするでしょう。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病と統合失調症の違いは何ですか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。