うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病と躁うつ病の違いは何ですか?

 

うつ病と躁鬱病の違いについては、カテゴリ分けするとしたらどちらも同じカテゴリに分類されると思います。

 

うつ病というのは多少個人差もありますが、気持ちの落ち込みが激しくそれが長く続く状態です。

 

躁鬱病は絶好調の状態と、絶不調の状態を繰り返す病気です。

 

躁状態の時は日常生活にも支障はないので見た目にも、ややハイテンションな人と思われる程度ですが、一度うつ状態になると極端に落ち込みます。

 

この落差が激しいので、最悪の場合は自殺を図ることもあると言われています。

 

このことを見てもカテゴリでは同じでも、うつ病と躁うつ病は全く違う病気になります。

 

常に落ち込んだ状態のうつ病と、ハイテンションと激しい落ち込みや自己嫌悪を繰り返す躁鬱病とでは患者自身の負担も変わってきます。

 

躁鬱病の場合は、躁状態のとき自分がうつ病だとは思えないことも多いので、治療の必要はないと考えそれを拒否してしまうこともあります。

 

しかし躁鬱病も病気であることには変わりないので治療は必要です。

 

うつ病と躁鬱病を見分けるのは素人では難しいので、医師の診察が必要です。

 

躁鬱病の原因ははっきりと解明されていませんが、遺伝が大きく関係しているとも言われています。

 

ただし100%遺伝するということではなく、そのリスクが高くなるということです。

 

どちらも病気として見たとき種類は異なりますが、治療は必要ですし治療方法も人によって違うので、医師と相談し適切な治療を受けることが大切です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病と躁うつ病の違いは何ですか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。