うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病と抑うつ状態の違いは何ですか?

 

うつ病と抑うつ状態はよく似ていますが、実は違いもあります。

 

両者を比較すると違いもわかりやすいと思うので、その違いを紹介しておきます。

 

まず原因ですがうつ病の場合はストレスが原因となることが分かっていますが、漠然としており明確なものがないことが多いのに対し、抑うつ状態は原因がはっきりとしています。

 

チェック方法ですが、うつ病の治療で一般的な薬物療法はうつ病の場合は効果を確認しやすいのですが、抑うつ状態の場合は薬が効きません。

 

うつ病になるとそれまで興味を持っていたことや趣味も全く気が向かなくなりますが、抑うつ状態の場合は趣味に没頭している時は気分が良いなど違いもはっきりしています。

 

症状に関しては、見た目にも明らかに違いが分かり日常生活にも支障が出るうつ病に対し、抑うつ状態の場合は特に日常生活への支障はなく普段通りに生活できます。

 

突然人が変わったようになってしまうのもうつ病の特徴ですが、抑うつ状態では特に外見の違いがないので見た目にも違いは明らかです。

 

ただし症状には個人差もあるので、はっきりとさせたい場合は病院で診察を受けるのが一番です。

 

医師が診察すればうつ病なのか、抑うつ状態なのかの違いはすぐにわかります。

 

うつ病の場合は長い時間をかけて薬物療法や精神療法を続けていきますが、単なるショックや気分の落ち込みで抑うつ状態になった場合は1週間もすれば元通り元気になっていますのですぐにわかります。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病と抑うつ状態の違いは何ですか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。