うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病と被害妄想の違いは何ですか?

 

うつ病は似たような症状の病気と一緒にされたり、誤解されることも多い病気です。

 

うつ病の原因が脳にあることが分かってからは、うつ病の治療薬も新しいものが続々登場しており、以前の薬よりも効き目が高く副作用も穏やかなものが増えています。

 

しかしうつ病にも個人差があり、体質や症状によって使用する薬も変わってきます。

 

うつ病の症状にも個人差があって、うつ病を理解していない人が症状を目の当たりにしたり話を聞いた時、「単なる被害妄想ではないのか?」と勘違いしたりそう決めつけることもあります。

 

しかし実際にはうつ病と被害妄想は全く違うものです。

 

被害妄想というのはもともとその人が持つ考え方にも関係がありますが、うつ病とは本来全く違うものです。

 

これにもいくつか理由がありますが、うつ病は以前心の病と考えられていました。

 

今は研究も進み心ではなく脳に原因があることが分かっているので、うつ病になってから被害妄想という症状が出ることもありますが、この2つは同じものではないのです。

 

被害妄想というのは不安から来る場合もありますが、ありもしない不安を勝手に妄想し物語を作ってしまうようなこともあります。

 

しかしうつ病の場合は、気力の低下や集中力の低下など、物事を考える余裕もないので被害妄想を抱く余裕がないというのが実際のところです。

 

不安が大きくなるのは不安を感じた時にそれを押さえるセロトニンという脳から分泌される神経伝達物質が減少しているからです。

 

薬で治療をすることで時間はかかりますが、症状が改善されていくのがうつ病です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病と被害妄想の違いは何ですか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。