うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病患者と家族の対応

 

うつ病になった時には、家族の支えが必要です。

 

うつ病患者と家族の対応については、家族構成などの違いもあるので一概には言えませんが、必要な時は支え話を聞き、時には適度な距離を保ち見守るといった感じですね。

 

私の場合は独身でしたが、主婦の場合は家事や子育てなどもこなさなければいけなくなるので、家族の支えがないと生活できません。

 

うつ病は症状が色々なので、家事をこなせる人もいれば、病気ではないけど気力を失い寝たままの人もいます。

 

そのため、その代わりを家族の誰かがこなさなければいけません。

 

私はうつ病でも比較的軽い方だったのですが、それでも日によって全く気分が違うのでうつ病を気分障害というのを後になってから納得したことがあります。

 

最初は毎日処方された薬を飲んでいましたが、気力をなくすのが嫌で飲んだり飲まなかったりを繰り返します。

 

こういう時は家族が薬の管理をすることも必要です。

 

また自殺をしたい衝動にかられたり、衝動的に自殺をしようとすることもあるので、常に目が離せない状態の人もいます。

 

自殺ができないように、本人の見ていないところで危険なものを隠す、無理に励まさないなど家族も大変な部分はありますが、うつ病は一生続くものではなく克服できるのだと理解することも必要ですね。

 

うつ病は1人では克服できないと思います。

 

家族や周囲の人の支えが何より大切です。

 

実際には口で言うほど簡単ではありませんが、克服できるものと信じることも大切ですね。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病患者と家族の対応

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。