うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病と贅沢病の違いは何ですか?

 

うつ病に対しては科学的に解明されていることも増えている一方で、世間の人のうつ病に対するイメージはあまり変わっていないようです。

 

うつ病に対して偏見や誤解も多く、そのことがさらにうつ病患者を追い詰めてしまうことも多々あります。

 

よく言われるのはうつ病は甘えている人がなる病気だとか、単なる贅沢病だというところです。

 

うつ病になる原因の多くは過度のストレスですが、ストレスに対する対処の仕方や受け取り方にも個人差があります。

 

性格も10人いれば全員が違うように、同じ物事でも人によって全く受け取り方が変わってきます。

 

よく言われるのはメンタル面が弱い人がうつ病になるということですが、実際はメンタル面はあまり関係なく、メンタル的に強い人でもうつ病になることはあるのです。

 

うつ病の治療をする場合は治療に専念できる環境作りも大切です。

 

こうなると仕事を休職したり、学校を休学することになるので、これをよく思わない人もいます。

 

仕事を休んで休養しながら治療をする場合も、その間何もしないでゴロゴロと寝ているだけになることもあるので、イメージ的にも怠けているだけと誤解されてしまいます。

 

食べるのに困るような場合は、仕事を休む余裕なんてないはずという考えもあります。

 

こういうことから、うつ病を贅沢病と誤解する人も多いのです。

 

しかし実際には贅沢病とは全く違いますし、うつ病患者やその家族にしかわからない苦しみもあります。

 

うつ病には世間の理解も必要です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病と贅沢病の違いは何ですか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。