うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ状態とうつ病の違いは何ですか?

 

うつ状態とうつ病を同じものと考えることもありますが、この2つは違うものです。

 

まずうつ病というのは病気です。

 

症状にも個人差はありますが、うつ病特有の症状は日常生活にも支障が出てしまいます。

 

気持ちの落ち込み、気力の低下、集中力の低下、食欲の低下など様々です。

 

うつ状態というのは一時的にうつ病の症状によく似た状態になることを言います。

 

例えばショックな出来事があった時や、仕事で失敗してしまった時などはかなり落ち込むことがありますね。

 

どの程度の落ち込みなのかは個人差もありますが、ため息ばかりで気が重い日々を過ごすことになります。

 

人によってはショックが大きいと食事が喉を通らないこともあるでしょう。

 

しかしこれは特に病気だからではなく、人として当たり前の感情です。

 

個人差はありますが、反省をしたり気持ちを切り替えることで徐々に元気になっていきます。

 

これは性格や考え方なども関係していますが、ショックが大きすぎてうつ状態が長く続いた場合は、それが原因でうつ病になってしまうこともあります。

 

実際にはうつ状態とうつ病は違うものですが、状態によっては紙一重というか隣り合わせの状態となってしまうこともあります。

 

どこからどこまでがうつ状態で、どこからがうつ病になるのかを決めるのは難しいところもありますが、落ち込んでいる時にうつ病チェックなどをすると当てはまる項目が多いので、「自分はうつ病なのではないか?」と勘違いする人もいます。

 

この場合は病院に行き診察をしてもらいましょう。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ状態とうつ病の違いは何ですか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。