うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病でも受けられる助成金はありますか?

 

うつ病でも受けられる助成金については、自立支援医療という制度があります。

 

これは精神科に通院するという条件がありますが、うつ病治療で精神科に通院する場合の自己負担金を支援金で賄うことができるという制度です。

 

対象となる病気には、うつ病も含まれています。

 

外来の通院、薬、外出が困難な場合の訪問看護などが対象になりますが、入院は対象になりません。

 

ただし1ヶ月あたりの上限が設定されているので、それを超えた場合は自己負担となります。

 

助成金については所得などでも違うので、詳細は直接問い合わせることをおすすめします。

 

また、うつ病の治療には高額療養費制度を利用することもできます。

 

これについても条件がありますが、このような制度を利用できれば長引くうつ病の治療も負担が軽減されるので経済的にも助けになります。

 

制度毎に内容もかわりますので、支払いの時に1割だけでいいこともあれば、一旦治療費を支払い後から返還してもらうなどの違いがあります。

 

また精神障害者保健福祉手帳を持っている場合は、それを利用することもできますが、各自治体で多少条件が変わってくるので直接問い合わせることをおすすめします。

 

仕事をしている場合、会社の制度によって労災補償を受けることもできますので、各自で会社に問い合わせてみるといいでしょう。

 

いくつかの制度を利用することで、うつ病の治療も負担金を減らすことは可能です。

 

長引く治療にはこのような制度があると助かりますね。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病でも受けられる助成金はありますか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。