うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病の補助制度や支援制度はありますか?

 

うつ病の補助制度や支援制度については、国や各自治体の制度を利用することができます。

 

うつ病の治療はどうしても時間がかかってしまうので、長い間治療を続けていくと医療費もかさみます。

 

自立支援医療制度というのは、医療費の支払いが1割負担になるというものです。

 

うつ病の症状にもよりますが、症状が重く簡単には改善されない場合には、精神障害者保健福祉手帳を申請することで年金を受け取ることができるため治療費の負担を軽くすることができます。

 

ただしこれらの制度を利用する場合には、条件もあるので誰でも申請すれば利用出来るとは限りません。

 

自立支援医療制度の場合は、世帯所得に規定があるのでそれ以上の所得がある場合は利用できません。

 

詳細に関しては各自治体に問い合わせるか、厚生労働省のホームページにも詳しいことが紹介されているのでチェックしてみてください。

 

また自治体の場合は各都道府県による違いなどもあるので、必ず各自で確認が必要です。

 

もしも条件に当てはまっていれば、支援や補助制度を利用できるので、治療費の負担を軽減することができます。

 

うつ病の治療はいつまでに完治するというものではないので、数年単位で時間がかかります。

 

その分治療費も増えていくので、利用できるなら制度を利用するのもいいでしょう。

 

治療費がかかることでせっかく続けてきた治療を断念してしまうと、症状が悪化することもあるので、利用できる制度は利用するのも賢い方法です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病の補助制度や支援制度はありますか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。