うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


即効性のあるうつ病の薬はありますか?

 

うつ病の治療に使われる薬は、どんどん新しいものも増えています。

 

現段階では第四世代と呼ばれるものまでがありますが、第一世代から新しくなるほど効き目も穏やかで副作用が少ないものとなっています。

 

しかし中には即効性と持続性のある薬もあるので、薬に関して言うなら新しいものはたくさんあります。

 

ただしどの薬を使うのかは病院や医師によっての違いもありますし、その人の症状などに合わせて決まっていくので即効性のある新しい薬を患者から指定することは難しいかもしれません。

 

処方された薬を続けても効果が見られない場合や、副作用が強く出てしまい継続が困難と判断された場合には別の薬を検討することもあります。

 

薬に関しては医師が決めることなので、相談は可能だと思います。

 

ただし処方された薬を飲んでも翌日には効果が出てうつ病が治っているというものではありません。

 

即効性のある薬の場合は効果を実感できるものもありますが、少しずつ症状が改善されていき良くなったと思ってもまたぶり返すといったように一進一退を繰り返します。

 

薬を飲めば1週間で回復するというものではないので、治療には長い時間がかかるという理解も必要です。

 

人によってはなかなか合う薬が見つからず、何度も薬を変えることもありますが、この場合も必ず医師の指示に従い服用することが大切です。

 

効果がないと思っても勝手に薬の服用を中止したりせず、必ず医師に相談しましょう。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

即効性のあるうつ病の薬はありますか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。