うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


牛乳や牛肉はうつ病の改善に効果ありますか?

 

うつ病の治療は病院で行う薬物療法や精神療法以外にも、自宅で管理する食事や生活習慣の見直しや管理も重要です。

 

薬でもある程度の効果は期待できますが、ここに食事から摂取する栄養や運動を取り入れることで治療の効果もアップします。

 

もちろん即効性はありませんが、薬のように副作用もないので食事内容を見直すのは是非取り入れていきたいです。

 

うつ病に良いと言われる食材はいくつかありますが、牛乳や牛肉もその中の一つです。

 

うつ病の原因となる脳の神経伝達物質の減少ですが、これは薬物療法以外にも食材に含まれる成分を摂取することで分泌を促進させることが可能です。

 

うつ病になるとセロトニンやノルアドレナリンといった物質が減少しやすいのですが、これを増やすためにはトリプトファンやビタミンも欠かせません。

 

牛肉にはトリプトファンとビタミンB6という、セロトニンの分泌を促す成分がバランスよく含まれています。

 

これは牛乳も同じですが、肉類や乳製品なら比較的多く含まれるので好みに合わせて選んでもいいでしょう。

 

選ぶ場合は牛肉の赤身やレバーが特におすすめです。

 

毎日食べるのが難しい場合は食べられる時だけでもいいでしょう。

 

牛乳なら毎日飲めるので手軽ですし続けやすいと思います。

 

ただしうつ病に良いといっても牛肉だけ食べていればいいものでもないので、他の食材との栄養バランスも考えて取り入れることが大切です。

 

野菜も必要なのでお肉には必ず野菜やサラダを組み合わせるなど、栄養バランスも考えましょう。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

牛乳や牛肉はうつ病の改善に効果ありますか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。