うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病患者との接し方

 

うつ病になったら治療も可能ですが、一番必要なのは周囲の人の支えです。

 

私自身も家族、特に母に支えてもらったおかげでうつ病を克服できました。

 

「うつ病かも?」と最初に気づいてくれたのも母でしたが、自分ではなかなか認めたくないという気持ちもあって、病院に行く時もいい大人ですが母に付き添ってもらいました。

 

治療を始める時に、母が先生にどのように接したらいいかなど注意点を聞いてくれていました。

 

よく言われるのが「頑張れ」とか「早く良くなって」という言葉だと言われていますが、これは本当にそうだったようです。

 

人によってうつ病の原因も色々ですが、今まで限界まで頑張ってしまったことがうつ病のきっかけになることも多いので、それに対しさらに頑張れというのはNGなんです。

 

かといって腫れ物に触るように神経質になる必要はなく、ごく普通に接し話したいという素振りを見せた時は辛抱強く話を聞くことも大切です。

 

ただ励ますのはNGでも、自分に味方がいる、理解してくれる人がいると感じられるようそばにいることをさりげなく伝えるのはいいそうです。

 

褒めて伸ばすというしつけ方がありますが、まさにこんな感じですね。

 

自分がうつ病を経験してわかったことですが、こういう時は家族の存在がすごくありがたいですね。

 

家族以外にも本気で話を聞いてくれる友人でもいいと思います。

 

周囲に理解者がいない人は、カウンセラーやセラピストでもいいので話を聞いてくれる人の存在は大きいですね。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病患者との接し方

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。