うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


ピラティスはうつ病の改善に効果ありますか?

 

うつ病の治療に運動を取り入れるのもいい方法ですが、症状には個人差もあります。

 

治療法も経過や回復状態によって変わるので、運動を取り入れるならタイミングを考える必要があります。

 

またうつ病は時間帯や回復状態によっても、気分や体の状態も全く違います。

 

治療を続け回復に向かっても一進一退なので、良い時もあれば悪い時もあります。

 

調子がよくて体を動かしたいとか運動をしたいと思った時には、ピラティスを試すのもいいでしょう。

 

ピラティスやヨガのように激しく体を動かさず、ゆったりと行える運動は精神を落ち着かせる作用もあります。

 

ゆったりとした運動ですが、呼吸を整えながら行うことで自律神経を整えることもできます。

 

最初から何もかもは無理でも進めていくうちに、呼吸のコツもわかってきますし、体幹やインナーマッスルを鍛えることもできます。

 

うつ病の場合はゆっくりとした休養の方が効果的にも思えますが、場合によっては適度にピラティスなどの運動を取り入れることで代謝も活発になります。

 

代謝が上がると体も徐々に動くようになってきますし、筋力も適度に鍛えられるので自分でも調子が良いとか体調が良いと思える日も増えていきます。

 

ゆっくりと行うため集中しやすいので、集中力を高めるのにも役立ちます。

 

ピラティスは心と体のバランスを整えるのにも役立つので、うつ病の治療にピラティスなどを取り入れるのもいいでしょう。

 

最初は軽いストレッチのようにその場でできるものでもOKです。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

ピラティスはうつ病の改善に効果ありますか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。