うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病になると不登校(登校拒否)になりますか?

 

うつ病になった場合、学生は学校に行きたがらず不登校になることがあります。

 

これは学校に原因がある場合もあれば、家庭環境が原因でうつ病になることもありますが、とにかく朝は体が動かないのでまともに起き上がることもできなくなってしまいます。

 

適切な治療をすれば時間はかかりますが、徐々に症状も回復に向かうので朝も起きられるようになりますが、これも一進一退だったり個人差も大きいので一概には言えません。

 

うつ病の場合は朝起きるという今までできていたことができなくなります。

 

しかし時間が経過して午後や夕方になると元気になっていくので、起き上がって部屋で普通に過ごすことはできます。

 

ですが、昼中寝ているので夜に眠れなくなり、寝るのが遅くなるので朝もますます起きられなくなってしまいます。

 

うつ病だと気づかない場合はただのサボりとか怠けていると思われてしまうので、これも本人にとっては辛いことです。

 

動きたくても体が言うことを聞かないので、思うように行動できなくなります。

 

突然登校拒否や不登校になった場合には、うつ病のサインである可能性もあります。

 

しかしうつ病の場合は他にもいくつかの症状が複合するので、単なるサボりとは違うと感じたらうつ病を疑ってみるのもいいかもしれません。

 

病院に行って検査や診察を受けることではっきりしますし、治療をすれば時間はかかっても克服することもできます。

 

場合によっては休学する必要もありますが、療養も一番の治療です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病になると不登校(登校拒否)になりますか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。