うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病になると人格が変わりますか?

 

うつ病の症状にも色々ありますし、どんな症状がどのくらい出るのかも個人差は大きいでしょう。

 

うつ病かどうかをセフルチェックする時、人格が変わったようになったかどうかも見極める基準の一つになります。

 

うつ病の原因は脳にあることが分かってきており、さらには脳の神経の分泌にも関係していることがわかっています。

 

脳から分泌されるセロトニンとノルアドレナリンという物質も関係があります。

 

セロトニンは不安や緊張を和らげる作用があり、ノルアドレナリンはやる気を高めたりする作用があります。

 

しかしこの2つの物質が減ってしまうことで、ちょっとしたことでも強い不安を感じたり恐怖も大きくなります。

 

やる気を高める物質も減っていくので、気力も失ってしまいます。

 

今までは活発で積極的に動いていた人も、別人のようになってしまうのは様々な興味が失われていくからです。

 

おしゃれに気を使っていた人が、急に外見にこだわらないとか外見を気にしなくなるという場合も、人格が変わったのではなく脳の伝達物質が減ることでそうなってしまうのです。

 

このような症状が出たとしても、時間をかけて治療をしていけばいつか必ず克服できます。

 

焦らずにゆっくり治療を続け、自分本来の人格を取り戻す努力をしてみましょう。

 

治療の効果がなかなか出ないと焦ってしまいますが、個人差も大きいので焦らず無理をせず自分のペースで治療を続けていきましょう。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病になると人格が変わりますか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。