うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病の診断基準と診断書のもらい方

 

うつ病は治療も可能ですが、中途半端な状態では治療はできません。

 

治療にかかる時間も個人差がありますが、風邪のように数日〜数週間で治るという保証もなく長期間に及ぶことも多いので、学校や仕事がある場合は休むことになります。

 

うつ病の治療に本気で取り組もうと思ったら、働きながら学校に通いながらできるものではないので休みも必要です。

 

ただし一身上の都合では長期休養ができないので、退学や退職を余儀なくされることもあります。

 

うつ病の場合は医師に診断書を書いてもらい、それを学校や会社に提出すれば長期休養が認められることもあります。

 

まずうつ病の診断基準ですが、インターネットのセルフチェックである程度予測は出来ても、正しい診断には医師の判断が必要です。

 

身体的な症状がないことも多いので、うつ病の診断は慎重さも求められます。

 

これには専門医の診断を受けることが大切です。

 

うつ病と診断された場合は、今後の治療方針などを話し相談します。

 

仕事や学校は休むことも必要なので、この時のために診断書を書いてくれるよう医師にお願いすれば料金はかかりますが、診断書を書いてもらえます。

 

診断書を学校や会社に提出し、治療のために長期休養が必要であることを話します。

 

学校の場合は受け入れてくれるところも多いのですが、会社の場合はうつ病に対する理解がないとクビにされてしまうこともあります。

 

どのくらいの期間休みが必要なのかはっきりわからないところもあるので、学校関係者の方や職場の方と話し合うしかありません。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病の診断基準と診断書のもらい方

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。