うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病で苦しい時はどうすればいいですか?

 

うつ病には色々な症状があります。

 

うつ病の治療をしている最中にも気持ちの変化は自分でコントロールするのが難しい時期もあるので、どうしていいかわからず苦しいと感じることもあります。

 

こういう時には無理をせず仕事や学校は休み、ゆっくりと休養することが一番です。

 

またそれでも辛いと感じる場合は、誰でもいいから人に話すことを意識してみましょう。

 

身近にいない場合は医師でもいいですし、カウンセラーでもいいのでとにかく誰かに話をするとか相談してみましょう。

 

うつ病の場合は、1人で抱え込んでしまうと自分の気持ちをコントロールできないのでどんどん落ち込んでいきます。

 

不安や恐怖も強くなっていき、不眠症になり体も言うことを聞かず倦怠感でいっぱいになります。

 

「自分は生きている価値があるのか?」と思いつめることもあるので、これがエスカレートすれば自殺をしてしまうこともあります。

 

ですので、困った時や苦しい時には、1人で抱え込まずに人に相談してみましょう。

 

またうつ病には薬物療法も効果が期待できることから薬を服用しますが、薬には副作用もあります。

 

中には薬の副作用が辛くて治療をしたくないと思ってしまうこともあります。

 

この場合は勝手に薬をやめてしまうと、かえって症状が悪化してしまうこともあるので、必ず医師に相談してみましょう。

 

薬にも色々種類がありますし、今は比較的効き目も穏やかで副作用も少ない新しい薬なども出ていますので、薬を変えることも可能になります。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病で苦しい時はどうすればいいですか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。