うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病は誤解されやすい病気ですか?

 

うつ病の症状にも個人差はありますが、どうしても誤解や偏見を持たれやすいというところは否定できないと思います。

 

うつ病は脳の神経伝達物質に原因があることが分かっていますが、実際にうつ病になるか、身近な人がうつ病にならないと正しく伝わりません。

 

うつ病になるとセロトニンやノルアドレナリンといった不安や緊張を和らげる物質や、やる気を高める物質が減っていくので、気持ちに大きな変化が出ます。

 

自分ではやろうと思っているのに体が言うことを聞かないとか、思うように動いてくれないなどの支障が出てきます。

 

これは日常生活だけでなく仕事をしている時にも出てきますので、今まで出来ていたことができなくなってしまうこともあります。

 

やろうとしているのに出来ないということも、うつ病という事実を知らない他人から見れば、ただサボっているとか怠けていると思われてしまうのです。

 

また自分がうつ病だと診断されても、簡単に仕事を休めない事情がある場合は仕事を続けながら治療をする事もあります。

 

こういう場合はなかなか人に自分がうつ病であると言い出しにくいこともあって、隠してしまうことで余計に誤解されることもあります。

 

うつ病は治療も可能ですし克服することもできますが、結果が出るまでには長い時間も必要です。

 

その間にはどうしても誤解されてしまうこともあるので、可能な範囲でうつ病であることを伝え理解してもらうことで、誤解もされずに済むこともあるかもしれません。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病は誤解されやすい病気ですか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。