うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病に対する偏見はありますか?

 

うつ病はメカニズムなども少しずつ解明されてきており、治療法や治療に使う薬なども続々と新しいものが確立されてきています。

 

昔はうつ病を心の病としていましたが、最近になって脳に原因があることもわかってきています。

 

うつ病の診察や検査をするのは、精神科に行かなければならなかった時期もありましたが、今は心療内科やメンタルクリニックなどもあるので通院しやすくなっている部分もあります。

 

しかし自分自身がうつ病を経験した人や、身近にうつ病の人がいないと、どうしてもうつ病に対しての偏見を持たれてしまうのは否めないかもしれません。

 

これは精神科に行くということに抵抗を感じたり、恥ずかしいと思ってしまうことも関係しています。

 

うつ病は精神を病んでいる人というイメージもまだまだ強いですし、うつ病を理解していない人から見るとサボりのようにも見えてしまうというのも偏見につながっているかもしれません。

 

うつ病になると脳の神経伝達物質の分泌が減ってしまうので、自分自身のコントロールが難しくなってきます。

 

この原因が分かっていない人には、怠けているとかサボっていると思われることも多いですし、うつ病という病気自体に暗いイメージがあるため、世の中にはうつ病に対して偏見があるのも事実です。

 

しかしうつ病は治療をすれば克服する事もできるので、治療に専念できる環境を作りじっくり治療することも大切です。

 

偏見は多少あっても必ず克服できると信じることも大切です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病に対する偏見はありますか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。