うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病はメンタルが弱い人がなる病気ですか?

 

うつ病になる原因にも色々ありますが、メンタル的な部分はあまり関係ないようです。

 

なんとなくイメージとしてはメンタルが弱い人はストレスにも弱いので、うつ病になるリスクも高いように思えますが、メンタルが強い人でもうつ病になることがあります。

 

実際にメンタルは強いと自負している人でも、うつ病になることはあります。

 

うつ病の主な原因はストレスです。

 

もちろん、ストレス以外のことが原因に加わることもありますが、ほとんどがストレスです。

 

病気やウイルスには抵抗力や免疫がありますが、ストレスには免疫がありません。

 

このように考えた時、メンタルはあまりうつ病とは関係ないことがわかります。

 

うつ病になるかどうかは、ストレスに対しての対処の仕方も大きく関係してきます。

 

仕事や対人関係でのストレスというのはどこにでもあることです。

 

しかしストレスを感じてもそれをうまく解消できれば、ストレスをためこまずに済みます。

 

上手にストレスを発散出来る人はメンタルが弱かろうが強かろうが、うつ病にはなりにくいでしょう。

 

でもストレスのはけ口が見つからず、常にストレスにさらされているとメンタルには関係なく、脳にも影響が出るのでうつ病になる可能性は高くなります。

 

さらにはメンタルが強い人ほど頑張ってしまう傾向があるので、限界以上に頑張らず無理な時は無理と言えるようにすることも大切です。

 

うつ病はメンタルとはあまり関係ないので、くよくよ考えすぎるのもよくありません。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病はメンタルが弱い人がなる病気ですか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。