うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病を放置するとどうなりますか?

 

うつ病は心の病と考えられていましたが、原因は脳にあることが分かってきています。

 

時間はかかりますが治療も可能ですし、治療によってうつ病を克服することもできます。

 

しかし自分がうつ病であるということに気づかないまま過ごしている人もいますし、なんとなくおかしいなと思っても怖くて病院に行けないということもあります。

 

もしもうつ病を放置しておくと、症状がどんどん悪化するので最悪のケースとして自殺をしてしまうこともあります。

 

うつ病は脳の神経伝達物質の分泌が低下する事で、様々な症状となって現れます。

 

つまりうつ病になった時には、目に見えない変化でもサインがあるのでそれを見逃さず早めに発見する事が大切です。

 

体力のある人なら風邪を引いたとき治療をしなくても、ある程度免疫力や抵抗力で自然治癒する事ができます。

 

しかしうつ病の場合は放置しておけばそのうち治るという簡単なものではないので、適切な治療が必要です。

 

自分自身ではなかなか気づかないこともありますが、うつ病のサインは周囲の人が気づくことも多々あります。

 

今まで元気だった人が急に覇気がなくなって別人のようになってしまうとか、身なりに気を使わなくなるとか、外出したがらない、イライラしやすいなど明らかに今までとは違うサインが出ています。

 

仕事の場合はミスが増えたり、今までできていたことができなくなるなど周囲が異常に気づくことも多いのでサインを見逃さず放置しないことも大切です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病を放置するとどうなりますか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。