うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病と悪夢は関係ありますか?

 

うつ病と悪夢は、全く無関係とは言えないようです。

 

ただし悪夢を見るからうつ病になるというよりは、うつ病になったことで悪夢を見やすくなるという傾向があるようです。

 

うつ病というのは脳の神経伝達物質の分泌に影響を与えるため、これが原因で安眠に必要な物質も減少するので不眠症になります。

 

しかしこの場合は薬物療法を取り入れることで、眠りを助ける物質の分泌が促進されるので眠ることはできるようになります。

 

ただしうつ病が完治したわけではないので、眠っていても不安や緊張は完全に排除出来ていません。

 

夢は無意識でも自分の頭にある悩みや不安が反映されることも多いので、うつ病の人は悪夢を見やすいと言われているのです。

 

しかしこれも考え方次第で改善する事もできます。

 

どんな悪夢であっても現実ではなく夢の中の出来事なので、悪夢を見た時は現実とは違うのだと安心すればいいのです。

 

夢で良かったと思うことで、どんなに怖い悪夢でも頭を切り替えることができます。

 

ただしうつ病の時にはなんでも悪い方に考えてしまうこともあるので、簡単に行かないこともあります。

 

しかし現実ではありえないことなので、悪夢を見ても目が覚めたら頭を切り替えるよう努力してみましょう。

 

いつまでも悪夢のことを考えていると、また悪夢を見るという悪循環に陥ります。

 

うつ病だと楽しいことを考えるというのも難しいものですが、できるだけ違うことを考えるようにすれば悪夢も対応できます。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病と悪夢は関係ありますか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。