うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


受験でうつ病になることはありますか?

 

うつ病にもいくつか種類がありますが、その中に「受験うつ」と呼ばれるものもあります。

 

受験といっても色々なシチュエーションがありますが、周囲や親の期待が大きいほどプレッシャーも大きくなります。

 

受験する本人次第という部分も否定できませんが、プレッシャーが大きいほどやる気が出るタイプなら問題ないでしょう。

 

しかしプレッシャーに押しつぶされてしまったり、受験勉強を苦に感じてしまうとそれがストレスとなり受験うつになってしまうことが多いと言われています。

 

受験勉強の期間が長くなればなるほど、ストレスを感じている時間も長くなってしまいます。

 

うまく気持ちを切り替えることができるならストレスも発散できますが、受験うつになってしまう場合はストレスがたまりつづけますので、常に強いストレスにさらされた状態になります。

 

受験をする年齢にもよりますが、多くの場合子供であることから、受験のストレスからうつ病になり自殺をしてしまうケースもあります。

 

子供は大人よりもストレスに弱く対応しきれないので、親が注意しておくことも大切です。

 

受験うつの場合も、不眠症やイライラ感、食欲不振や集中力の低下といったうつ病特有のサインが出ます。

 

異常にイライラしやすいとか、急に泣き出すなど今までとは違う何かを感じたら受験うつの可能性があるかもしれません。

 

親が子どもに期待するのもある意味当然の事ですが、過度の期待は過度のストレスの原因にもなるので注意しましょう。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

受験でうつ病になることはありますか?

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。